賃貸探しにはおとり広告に注意

"賃貸物件へは引越しや挨拶、さらに不動産会社を介した場合は仲介手数料などが必要となってきます。
もし賃貸への引越しを考えているのでしたら、最低でも決めた家賃の半年分以上は準備しておくことが大切です。

 

もし貴方の月収24万円であれば家賃は8万円まで、と言ってように予め決めておきましょう。
無理して高額家賃の物件を選んでしまうと、管理費や駐車料金などを追加で支払うこともあるので注意が必要です。
賃貸物件を探している時に最も気になるものと言えば家賃なのではないでしょうか?
毎月安定して家賃を支払っていくためには収入の1/3までと言われており、これが生活に支障の出ない範囲となります。"





フコイダン
フコイダン
URL:http://lmf-assoc.jp/


賃貸探しにはおとり広告に注意ブログ:18/03/31

「三日間で7`やせた!」とか
「一ヶ月でモデル体型に!」という文字を見つけると、
つい試したくなってしまいますよね。
あたくしも何度試したことか…

そのような話題になる減量の中で、
多くの人がやったことがあるのが
「単品減量」ではないでしょうか?

「バナナ減量」「りんご減量」
「こんにゃく減量」…などなど
あなたも、もしかすると1つくらい
挑戦したものがあったりしませんか?

単品減量は、
「ある食品以外絶対食べない」という減量方法ですから、
栄養面から見ると身体に悪そうというイメージはありますよね。

それでも、次々に新しい単品減量が話題になるのは
なぜだかわかりますか?

それは、とにかく一時的にでも体重が落ちるため、
「減量が成功した」と錯覚してしまうからなんですよね。

でもそれは、
「減量が成功した」のではなく、
単に栄養失調になっているだけ!

生命を維持していく栄養が足りなくなってしまうため、
極端に言えば、命にもかかわりかねない、
非常に危険な減量なんじゃないでしょうか?

そこまで深刻な状態にならなかったとしても、
身体は栄養失調状態となるため、
食べ物が少しでも入ってきたらすぐため込んでしまい、
リバウンドしてしまうのです。

しかもストレスもたまってしまうため、
身体自体に異変を起こすことも考えられます。

このように単品減量は危険なので、
できれば、やめておいた方が良いと、
あたくしは思います。