情報誌を全て信じてはいけない

情報誌を全て信じてはいけない


情報誌を全て信じてはいけない
"広告雑誌で最も注意しなければいけないのが、発売されるまで約2週間程度合間があるということになります。
このことから問い合わせをしても、すでに契約されてしまっているケースが多いのです。

賃貸住宅情報誌に載っているものを基準として、家賃相場を予測して不動産屋に行ってはいけません。
特に東京や大阪などの都市部ではよくある話しですが、不動産屋で相場を聞くと想像以上だった、なんてことはよくあることです。
広告雑誌では誌面が限られているということもあり、どうしても偏った情報が掲載されてしまいます。
良いことだけを紙面に掲載していることから、不動産屋にまで足を運んでもらいためのおとり広告だと思ってもいいでしょう。"



情報誌を全て信じてはいけないブログ:18/05/30

今日は、コーヒーを飲みながら、書いてます。

社会に出るまでに父親に言われた言葉に
「学生が終わったらなかなか仲間出来ないかもしれないぞ」
というのがあります。

それを聞いた当時のわたくしはとても淋しく思い、
「大人になると一人で生きれるように強くならなくてはいけないのかな」
と感じていました。

それでも縁というの不思議なものです。

社会人になって、
一度も行ったことがない場所に
仕事での赴任が決まり配属された半年後、
たまたま出会った同業他社の男の子は同郷で共通の仲間がいることが
話をしているうちに分かりました。

実家を離れての初めての一人暮らし、
日々淋しさを抱えていたわたくし。
日々顔を出す営業先で時折挨拶と言葉を交わす彼…

時々は、
仕事の空いた時間をコーヒーを飲みながら
一緒に過ごすこともありました。

一人実家を離れているわたくしは、
時折、姉の精神疾患が悪化したと親から報告を聞いたり、
実家の金銭的事情の悪化を聞いたり…

わたくしの心が折れそうになるたびに、
不思議なことに約束をしているわけでもないのに
彼を見つけ少しだけする立ち話…

「調子、どう?」
「まぁまぁかな。そっちは売れてるの?」
「これからや」
「そっか、がんばってね。じゃ。またね」

たったこれだけの会話と彼の笑顔が
もう実家に帰ろうかしら…とくじけそうになるわたくしを
どれだけ救ったのかなんてこと、きっと彼は判っていない事でしょうね。

この彼と出会い、会うことがなくなった後でも
わたくしはやっぱり
「一人で生きられるように強くならなくては、
何がなくなっても生きていけるように…」
そんな風に感じていたと思います。

あの人にも、この人にも、
支えられていることに気づきもせずに…

え?もう時間だ。仕事行ってきます~
情報誌を全て信じてはいけない

情報誌を全て信じてはいけない

★メニュー

とっても重要な敷金と礼金
良いことばかりではない大手不動産屋
賃貸探しにはおとり広告に注意
家賃の六ヶ月分を準備しておこう
賃貸の条件を予め設定
家賃が常に同じとは限らない
キャンペーンを実施している不動産屋
賃貸探しを始めるタイミングとは
情報誌を全て信じてはいけない
賃貸の情報収集はインターネット


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)賃貸COLLECTION★THE 快適ライフ