良いことばかりではない大手不動産屋

"まずは実際に不動産会社を訪問する前に、広告で掲載されている賃貸物件に空きがあるか電話で聞いてみましょう。
とにかく大切なのはおとり広告に騙されることなく、足を使って物件探しをすることが重要なのです。

 

すでに入居者が決まってしまっている賃貸物件をおとり広告として雑誌に掲載をし、客を呼び込んでいる現実があります。
「すでにその物件は契約されました」などとおとり広告に対して返答されることがあるのです。
不動産会社としては当然のことですが、お客様が店頭に来てもらわないと、ビジネスとして成り立ちません。
店頭に来てもらえないと不動産会社は意味が無く、インターネットのアクセス数だけでは収益に繋がらないのです。"



良いことばかりではない大手不動産屋ブログ:18/05/11

お子様が生まれてひと月とちょっと経ったある日、
お宮参りに行ってきました。

あさからバタバタと準備をし、駅へ向かいました。
待ち合わせをしていたのです。

待ち合わせをしていたのはわしのママ。
忙しい中都合をつけてくれて、
一緒にお参りすることになっていたのです。

ママと落ち合った後、
そこからすぐ近くの神社に向かいました。
その短い時間に、ママはもう孫に夢中です。

寝てるだの起きただのと、はしゃいでいたのでした。
「こんなにはしゃぐんだ〜」と、はしゃぐママの姿を見て、
新鮮というか、少し意外な感じがしました。

神社に到着してご祈祷をしてもらうまでの間、
待合室で少し待つことになり、
そこでママがお子様を抱いてあやしていました。

その姿を見て、わしはびっくりしました。
ママがお子様を抱く時、
なんだかおっかなびっくりな様子だったのです。

そして、
ママの腕の中でお子様が少しグズり出すと、
あわててこう言うのです。

「ごめんね〜、ママと抱き方が違うから嫌なのかな〜、ごめんね〜」
その様子とその言葉を聞いて、びっくりしました。

何にびっくりしたかというと、
わしの知らないママの姿を見たことに
びっくりしたのです。

わしの中では、
2人もお子様を育て上げたのだから、
赤ちゃんの扱いなんて余裕しゃくしゃくで、
少々グズろうが泣きわめこうが、涼しい顔をしているのが、
ママだと思っていました。

ところが、
実際はそうではありませんでした。

まぁ、生まれたての赤ちゃんを抱くのは
おそらくわしが赤ちゃんの時以来ですから、
30年くらいはブランクがあるわけで、
おっかなびっくりになる無理もないのかなぁと思うのですが、
その姿が、本当に意外だったんですよね!